Microsoft

健康に働き続ける 何よりも大切なのは心も体も健康であること。毎日の笑顔のために。

日々の生活における仕事の位置付けや価値観は人によってさまざまです。「ワーク」と「ライフ」のバランスは必ず「5 対 5」でなければならないのではなく、個人の働き方やライフステージによって「7 対 3」になったり「3 対 7」になったりするのは、ごく自然なこと。

マイクロソフトでは社員一人ひとりが毎日を自分らしく過ごすため、仕事を通して成長するために欠かすことのできない「健康」をサポートする、さまざまな取り組みを行っています。

健康をサポートする取り組み

社員の健康維持と増進を目的に、社員にさまざまな機会を提供しています。例えば、月に一度、業務時間内に無料でマッサージを受けられるヘルスケア ルームは、常に予約でいっぱい。保健師が常駐するメディカル ルームでは、気軽に健康相談もできます。

そのほか、保健師による「女性社員のための心と身体の健康セミナー」や、産業医による「健康でいるための睡眠の取り方セミナー」なども実施。社員にアンケートを取り、リクエストに基づいた新しいセミナーも企画、実施しています。

社員食堂 One Microsoft Café ではオムロン ヘルスケア株式会社様、エームサービス株式会社様にご協力いただき、血管年齢と血圧チェックや、ヘルシー メニューと活動量計を取り入れたメタボ対策イベント「健康プログラム ※1」を実施するなど、社員の健康維持と増進に力を入れています。

このように、関連会社様と良い協力体制の下、当社の産業保健スタッフが保健指導を担当し、参加者が自己分析するだけでなく、より高い効果が期待できるという点で、非常に画期的な取り組みとなっております。

※1 健康プログラムの詳細についてはこちらを御覧ください。新しいウィンドウが開きます

これまでに行った健康セミナーとイベントの一部をご紹介します

健康でいるための睡眠の取り方セミナー

健康でいるためには、睡眠が欠かせません。睡眠は仕事の作業能力から肌の調子まで、大きく関与します。このセミナーでは「寝不足で仕事をするのは、実は酔っ払って仕事をしているのと同じだ」という衝撃の事実が明かされました。

当社産業医による、睡眠のメカニズムや快眠法などを紹介したセミナーは、大変好評でした!

セミナー内容
睡眠の効果を知ろう。
体の成長と疲労の回復
生活習慣病との関連
自動車事故との関連
覚醒時間と作業能力
睡眠時間と作業能力
うつ病との関連
死亡率との関連
睡眠メカニズムを知ろう。
メカニズムに合った快眠法を知ろう。

血管年齢と血圧チェック

One Microsoft Café で血管年齢と血圧の測定イベントを行いました。

実際の血圧と、血管年齢が実年齢よりどれくらい高いか低いかを知ることで、さまざまな病気を防ぐ手立てになります。

測定すると、実年齢は 30 代でも、血管年齢は 50 代という人も…。

社員の健康意識向上につながり、こちらも大変好評でした。

健康プログラム

2 か月間、低カロリー健康食の提供と、活動量計による消費カロリーの測定、体組成計測を行う、メタボ対策プログラムです。

「食べて、計って、学んで」を合い言葉に、One Microsoft Café でランチに「栄養士オススメ! メニュー」を食べ、消費カロリーと体重と体脂肪を計り、健康指導を受け自分の体や健康に関して学ぶことで、毎日の生活習慣を見直しする「きっかけ作り」をお手伝いしました。

「栄養士オススメ! メニュー」は見た目も楽しく、ボリュームもあったと大好評!

健康プログラムの流れ
  1. 体組成計で体年齢のチェック。
  2. ランチは One Microsoft Café で「栄養士オススメ! メニュー」を食べる。
  3. 活動量計で 24 時間の消費カロリーをチェックし、自身の消費、摂取エネルギーなどを「見える化」。保健師がデータに基づいて保健指導。
  4. プログラム終了後に、再度体年齢のチェック。
健康プログラム参加者の声
  • ダイエットのモチベーションが維持される仕組みで、とても良かった。
  • 目標より体重が減りました! 栄養バランスに配慮した食事を今後も続けていきます。
  • 健康的な食生活の影響か、お酒の量が自然と半分以下になりました。

マイクロソフトでは今後も社内向けにさまざまな健康セミナーやイベントを実施していきます。