Microsoft

女性向けイベント レポート

次回セミナーのご予約はこちらから

マイクロソフトではさまざまな女性社員が活躍しており、今後もその活躍の場を積極的に増やしていきます。

2011 年 6 月 23 日に開催された IT WOMEN'S Workshop「日本マイクロソフトの社員が伝授する~コミュニケーションの極意」。
クラウド・プラットフォーム営業本部 本部長 澤 円の講演と、その後の情報交換、交流の模様をお送りします。

セミナー レポート

2011 年 6 月 23 日開催 IT WOMEN'S Workshop 日本マイクロソフトの社員が伝授する~コミュニケーションの極意

自分のキャリアについて真剣に考える女性の皆さんに、スキルアップのためのヒントや情報交換の場を提供する "IT WOMEN'S Workshop"。日本マイクロソフトは、こうしたワークショップを通して、一人でも多くの方に何か新しい「きっかけ」をつかんでいただきたいと考えています。

今回のワークショップのテーマは「コミュニケーション」。仕事を円滑に進めていく上でとても大切なのが、コミュニケーションのスキル。ちょっとした表現で誤解を招いてしまったり、あるいはやりたいことがあるのに周りを説得できなかったり、そんな苦労をされている方も多いのではないでしょうか。

前半は、どうすれば相手に自分の思いがうまく伝わるのか、コミュニケーションの極意について、日本マイクロソフト株式会社 クラウド・プラットフォーム営業本部 本部長の澤 円 (さわ まどか) がプレゼンテーションを行いました。
そして後半は、参加者の方々の交流の場としてネットワーキング ブッフェ (立食形式の食事会) を開催。当日は 50 名を超える方に参加いただき、ワークショップは大いに盛り上がりました。

当日のスケジュール
1
18 時 30 分から 19 時 00 分
受付
2
19 時から 20 時 15 分
コミュニケーションの極意、Q&A
3
20 時 15 分から 21 時 00 分
お食事、ネットワーキング、名刺交換など
4
21 時
終了
プレゼンテーション「コミュニケーションの極意」 「おやじにうんと言わせるメールの十の技」など、実践的なノウハウやテクニックをご紹介しました。

プレゼンターである澤は、業界のイベントなどで数多くの講演経験がある日本マイクロソフトの名物社員。その巧みなプレゼンテーションは社内外から高く評価されています。

まず、コミュニケーションで陥りがちなわなを理解していただくために、グループワークからプログラムはスタートしました。事前に配布された資料の中に、ある物語が記された一枚の紙が。中世の王国での悲劇です。登場人物は、国王、王妃、王妃の元婚約者、そして衛兵の 4 人。ストーリーについては割愛しますが、その話を読んで「4 人の中でだれが一番悪いと思うか」という質問が、澤から参加者の皆さんに投げ掛けられました。挙手による皆さんの答えはそれぞれで、国王が悪いと言う方もいれば、王妃が悪いと言う方も。ここで澤は『たとえ考え方が正反対でも、その溝は埋められる』と説きます。

なぜ、同じストーリーなのに異なった意見が出てくるのか。それは「見え方の違いだ」と澤。彼が例に挙げたのは、茶筒のような円筒形の物体を見るとき、上から見れば丸く、横から見れば四角い。事実は一つでも、見方によって認識は異なる。人によって感じ方、考え方がばらばらなのは前提条件として受け止めておくべきであり、相手の視点を理解することが大切だと澤は訴えます。

そして、コミュニケーション ミスを減らすための方法について、「メール」「電話」「会話」の 3 つのアプローチから解説。例えば、ちょっとしたことで感情的なやり取りが発生しがちなメールについては、「相手の得になる話を必ず盛り込むこと」「否定語の使い方には細心の注意を払うこと」「句読点と改行の位置にこだわること」などのノウハウが実例を交えて紹介されました。

プログラムの締めくくりは、澤ならではのユニークなコンテンツ「おやじに "うん" と言わせるメールの十の技」。ここで言う「おやじ」とは、上司など承認権限を持っている人のこと。社内へのメールになかなか反応してもらえず、仕事が滞ってしまったという経験をお持ちの方はきっと多いはず。澤によれば、『忙しい "おやじ" に気持ちよく "うん" と言わせるにはこつがある』とのこと。その技とは以下の 10 項目。

1 まず何をしてほしいのかを書く、2 論理的に書く、3 おやじが安心する理屈を書く、4 箇条書きを活用する、5 事実と意見を明確に分ける、6 不必要なことを書かない、7 数字は正確に書く、8 正しい日本語で書く、9 担当者自ら逃げの姿勢を見せない、10 裏話は書面に残さない

澤の軽妙なトークに、会場が笑いに包まれることもしばしば。参加された皆さんは、彼が語る実践的なテクニックに何度もうなずいていました。

ネットワーキング ブッフェ (食事、名刺交換、懇談) 和やかな雰囲気の中、参加者の皆さん同士、いろいろなテーマで話が大いに弾んでいました。

澤によるプレゼンテーションの後は、日本マイクロソフトの社員も参加してブッフェ形式での食事会を開催 (少しだけアルコールも用意させていただきました)。参加された皆さんはほとんどが初対面だったものの、和やかな雰囲気の中、時間がたつうちに打ち解け合い、会場のあちこちで話が大いに弾んでいました。

ワークショップ終了後に、参加者の皆さんから寄せられたアンケートによると、75% の方から「期待以上だった」との声。「期待通り」という評価と合わせると、ほぼ 100% の方に満足いただいたようです。

企業や業種の枠を超えて、女性の皆さんがキャリアや働き方について率直に意見を交換したり、悩みを共有できる機会というのは、なかなか得られないもの。これからも日本マイクロソフトは、こうしたワークショップを定期的に開催し、女性の皆さんを応援していきたいと考えています。

このページの先頭へ